MENU

秋田犬のコト

×


SHOPPING

Instagram twitter Facebook

秋田犬と旅

トップ 秋田犬と旅 編集部取材日記◆犬っこ列車に乗って

編集部取材日記◆犬っこ列車に乗って

2018年09月07日更新

編集部取材日記◆犬っこ列車に乗って

みちのくの小京都・角館からマタギの里・阿仁合を抜け、世界一の大太鼓の里・鷹巣へ。秋田内陸縦貫鉄道(内陸線)はその名の通り、秋田県の内陸部を南北に縦貫するローカル線です。

路線の一番の魅力は、春の桜、夏の田んぼ、秋の紅葉、冬の雪と、四季折々の変化に富んだ車窓からの景色。カタッ、コトッとのんびり進む列車に揺られながら、日本の原風景を彷彿とさせる里山の風景を眺めるひとときは、忙しい毎日で疲れた心に安らぎを与えてくれます。

そんな内陸線で一昨年から運行されているのが、秋田犬っこ列車。至る所に秋田犬のイラストや写真が散りばめられた車両は、国内のみならず海外からの観光客にも人気です。

今回はこの列車に乗り込み、毎年7~9月に行われている「秋田内陸線田んぼアート」を見に出かけました。
今年のテーマは秋田犬と旅。沿線の5カ所で、内陸線の社員や役場の職員、地元の児童や農家が協力し合って制作に取り組んだそうです。

その気になる出来栄えは……みなさんも内陸線に乗車して、実際にご覧になってみてください(見応えアリ!)
今月中旬を過ぎると稲刈りが始まってしまうため、確実に見ることができる期間はあと2週間弱。ぜひお出かけください~


【秋田内陸縦貫鉄道株式会社】
http://www.akita-nairiku.com/

編集部取材日記◆犬っこ列車に乗って

車内には、かわいい秋田犬の写真がいっぱい!

編集部取材日記◆犬っこ列車に乗って

車両に描かれたイラストも要チェック

編集部取材日記◆犬っこ列車に乗って
編集部取材日記◆犬っこ列車に乗って

左/よく見るとシートの柄も…
右/たんぼアートは全5枚。1枚をチョイ見せ!