MENU

秋田犬のコト

×


SHOPPING

Instagram twitter Facebook

秋田犬と旅

トップ 秋田犬と旅 秋田犬に会いに行く◆角館 民泊「縁 Enishi」

秋田犬に会いに行く◆角館 民泊「縁 Enishi」

2019年12月05日更新

秋田犬に会いに行く◆角館 民泊「縁 Enishi」

秋田犬と思う存分触れ合ったり、一緒に散歩に出かけたり、モフモフに寄り添い庭を眺めたり……
そんな秋田犬ファンにはたまらない要素が満載の施設が、みちのくの小京都と呼ばれる秋田県仙北市角館の武家屋敷エリアにあります。

夢のような空間の生みの親は、クルーズコンサルタントが本業で、今年6月に秋田県へ移住した吉見梓さん(滋賀県出身)。リノベーションした古民家で、この夏から「縁 Enishi」という名で営業を始めた施設は、"自分だけのハチ公物語"をコンセプトに掲げる唯一無二の民泊です。

「秋田犬を飼いたいと思っていろいろ調べているときに、この犬種が飼育頭数の減少という課題を抱えていることを知りまして。何か流れを変えるきっかけが作れないかと、ずっと考えていたんです。そしてたどり着いたのが、秋田犬のいる民泊でした。秋田犬がそばにいる暮らしを体験できる場があれば、大型犬は世話が大変そうといった先入観で、飼うことをためらっている方の背中を押せるのではと考えたんです」

そう語るオーナーの吉見さんも、大型犬を飼うのは今回が初めて。しかし最初の1頭、「すーちゃん」(2歳♂)を譲り受けた数カ月後には、「ふじこ」(1歳♀)を新たに迎え入れ、あっという間に秋田犬の多頭飼いを実現してみせました。

「私がここまでやれてしまうのですから、秋田犬は本当に飼いやすい犬種だと思います。秋田犬と暮らすことを検討している方には、それを確かめに来てほしいですね。もちろん、飼う予定はないけれど秋田犬が好き!という方も大歓迎です」

客足は順調で、オープンから3カ月で既に250人以上が宿泊。WEBやSNSで情報を見つけ、海外から訪れる旅行者も多いそうで、取材に訪れた日も外国人カップルが1階の共有スペースでくつろいでいました。

民泊新法の営業日数制限との兼ね合いで、残念ながら冬季は休業となり、営業の再開予定は来年の桜が咲く頃。今の状況から、再開後は予約の取れない宿になることも十分考えられるので、縁に泊まってみたい方は早めに計画を立てておくのがよさそうです。

縁への宿泊予約とお問い合わせはここをクリック

STAY JAPANからの宿泊予約はここをクリック

秋田犬に会いに行く◆角館 民泊「縁 Enishi」
秋田犬に会いに行く◆角館 民泊「縁 Enishi」
秋田犬に会いに行く◆角館 民泊「縁 Enishi」
秋田犬に会いに行く◆角館 民泊「縁 Enishi」
秋田犬に会いに行く◆角館 民泊「縁 Enishi」
秋田犬に会いに行く◆角館 民泊「縁 Enishi」
秋田犬に会いに行く◆角館 民泊「縁 Enishi」
秋田犬に会いに行く◆角館 民泊「縁 Enishi」

愛犬と戯れるオーナーの吉見さん