MENU

秋田犬のコト

×


SHOPPING

Instagram twitter Facebook

秋田犬と人

トップ 秋田犬と人 シリーズ「私と秋田犬」vol.1

シリーズ「私と秋田犬」vol.1

2020年05月29日更新

シリーズ「私と秋田犬」vol.1

今回はこの道40年以上という秋田犬ブリーダー界の古参、秋田県大館市在住・日景久榮さんへのプチインタビューをお届けします。

──秋田犬は一言で言うと、どんな犬ですか?
(日景さん)雪国の犬。白に染まった大地を駆け回るのが、秋田犬の本来の姿だと思っています。

──秋田犬の性格についてはどんな風に捉えていますか?
(日景さん)飼い主に対してとても従順で、忠実な性格の持ち主。実際、犬の前で動けなくなったふりをすると、服を引っ張り必死に助けようとしてくれますよ。愛らしいです。

──長く秋田犬と暮らしてきた中で、特に印象に残っていることを教えてください。
(日景さん)もうだいぶ昔ですが、幼い娘を犬舎に入れてみたことがあるんです。犬が娘のいい遊び相手になるんじゃないかと思いまして。すると、もくろみ通り仲良く遊び始めただけでなく、犬舎の前を通る他所の人を犬が威嚇し始めたんです。飼い主の家族を責任を持って守ろうとしてくれたんですね。あれには驚きました。

──秋田犬のブリーダーを続けてきてよかった、と思う瞬間を教えてください。
(日景さん)毎年、大館市で行われる秋田犬保存会本部展覧会の晴れ舞台で、私の作った秋田犬が凛と立つ姿を見せてくれた時。本当にうれしくなります。

シリーズ「私と秋田犬」vol.1