MENU

秋田犬のコト

×


SHOPPING

Instagram twitter Facebook

解説 秋田犬

トップ 解説 秋田犬

秋田犬[あきたいぬ]

秋田犬の説明

秋田県原産の日本犬の一種。日本犬とは日本犬保存会によって定められたスタンダード「日本犬標準」の中に掲げられた6犬種[柴犬・紀州犬・四国犬・北海道犬・甲斐犬・秋田犬]を指す。昭和6年(1934)から昭和12年にかけて文部省から国の天然記念物に指定されていて、その第一号認定(昭和6年)を受けたのが秋田犬である。6犬種の中で唯一の大型犬で、奥羽山脈一帯で狩猟犬として飼われていたマタギ犬や大館地方の地犬が基になっている。
秋田犬の名前を有名にしたのは「忠犬ハチ公」の物語で、飼い主に忠実に尽くす愛するべき存在として広く知られている。近年は海外での人気も高く、アメリカやロシアや中国など世界各国の人たちに愛されている。
大館市の秋田犬会館には、秋田犬保存会本部があり、同建物3Fは秋田犬博物館となっている。骨格標本、歴史背景、秋田犬写真、パノラマ展示など、秋田犬に関する幅広いジャンルの資料を展示している。

起源
日本犬6種の祖先は、大きく縄文犬と弥生犬に大別され、秋田犬はこの二つの犬種の間で誕生したといわれている。中でも、秋田の山間で狩猟を営むマタギ(猟師)が育て、猟の際に用いたマタギ犬が土台となっている。中型の熊の猟犬として使われていたマタギ犬が、日本を代表する秋田犬へと変遷して現在に至る。
特徴
闘犬として強く大きくたくましい犬を作るために他犬種と交配させた明治・大正期や、頭数が激減し存続の危機となった太平洋戦争期などを経ているが、終戦後は秋田犬らしい特徴を復活させるために異犬種臭の排除に努め、現在に至っている。日本犬種の中では最も早く世界的に有名になった犬種でもある。
日本犬種の中の唯一の大型犬。体、肢、口吻はがっしりとしており、三角の立ち耳、クルリと巻いた巻き尾などの特徴を持つ。毛色は主に赤毛・虎毛・白毛。闘犬・狩猟犬として改良・飼育された経緯があるため、高い身体能力を備え力も強い。飼い主に忠実で、番犬としての適性に優れている。

〈秋田犬標準の概略〉
秋田県保存会で主催している展覧会で適応される審査基準は以下のとおり。
秋田犬保存会の標準は昭和13年(1938)に制定され、その後、複数回の改定を経ている。最初に「本質と表現」が記され、次に外貌・頭・顎・耳・眼・口吻・鼻・歯牙・胸腹・背腰・前肢・後肢・尾・被毛・毛色の15項目からなり、ほかに減点、失点の各7項目からなっている。

歴史
狩猟犬・闘犬時代
秋田犬の祖先は秋田の山間で狩猟を営むマタギ(猟師)が育て、猟の際に用いたマタギ犬が土台となっている。元来、日本犬は小型・中型犬であり、マタギ犬も中型か中型からやや大きいくらいの熊猟犬だった。
江戸時代、佐竹氏によって治められた秋田地方では、藩士の闘志を養うために秋田犬を用いた闘犬が盛んに行われた。より強い犬を求めて、土佐犬との交配も進められた。明治時代になっても闘犬人気は衰えず、土佐犬や樺太犬、北海道犬などと交配。明治中期になると、さらなる大型化を目的にジャーマン・シェパードやグレート・デンなどとの交配も行われた。洋犬との交配し、強い闘犬になるために誕生した犬は「新秋田」と呼ばれ、本来の秋田犬の特徴とは異なる姿をしていた。
明治末期には秋田県下に闘犬禁止令が発令。洋犬の人気が高まり、秋田犬にとっては不遇の時代が訪れる。
本来の秋田犬への原点回帰と天然記念物指定
大正初期になると秋田犬をはじめとする日本犬の保存運動が全国で起こり始める。大正8年(1919)に国の天然記念物保存法が発令。それに伴い、翌年、内務省の視察団が調査のために大館市を訪問したが、秋田犬の雑化が原因で天然記念物の認定を逃した。
このこと以降、大館市でも秋田犬の繁殖改良が精力的に行われることとなった。昭和2年(1927)5月に「秋田犬保存会」(大館市)、翌年6月に「日本犬保存会」(東京都)が発足する。昭和6年(1931)には秋田犬に関する再調査が行われ、同年7月31日、日本犬として初めて、9頭の優秀犬が国の天然記念物として指定された。
昭和7年(1932)には、大学で倒れ帰らぬ人となった飼い主・上野英三郎博士を渋谷駅で待ち続ける秋田犬ハチの記事が「いとしや老犬物語」として朝日新聞に掲載され、大きな反響を呼んだ。昭和9年(1934)4月、渋谷駅前にハチ公の銅像が完成し除幕式が行われた。翌年、3月にハチ死亡。
昭和9年、秋田犬保存会では犬籍登録を開始した。「秋田犬標準」が設定され、展覧会も開催されるようになったが、日中戦争〜太平洋戦争の影響で中断されることとなる。
戦争に寄る苦難を乗り越え、戦後の変遷を迎える
日中戦争から太平洋戦争までの長い戦時下において、大型犬である秋田犬は苦難の時期を迎える。じりじりと深刻化する食糧難は、大量の餌を必要とする秋田犬の立場を悪化させた。人間の食料確保もままならない中で秋田犬を飼うこと自体が国賊扱いされかねない事態を招いた。実際の餌も芋、カボチャなどの植物系に偏り、肉食系の秋田犬には十分なものではなく、繁殖が困難になった。成犬になれる頭数も減少し、成犬になってからも伝染病ジステンバーで命を落とすものも多く、頭数は激減した。昭和20年(1945)の終戦時に生存できた秋田犬は、愛犬家によって匿われた20頭に満たない数だったという。
さらに、軍用の防寒衣料として犬の毛皮を使用したため、天然記念物である秋田犬や軍用犬となるジャーマン・シェパード・ドッグ以外の犬の供出運動も始まった。一見、救済されたかにみえる秋田犬だが、実情は血統書発行にかかる犬籍登録の遅れが災いして証明が難しい状況に追い込まれていた。食料として狙われた経緯もあったという。
戦時下では軍用犬の需要が高まり、大型犬である秋田犬を軍用犬にという動きもあった。しかし、秋田犬の性質が軍用犬向きではないこともあり、容易に登用には至らなかった。結果、軍用犬として登用されていたジャーマン・シェパード・ドッグとの交配を進めたために、シェパード顔の秋田犬が多く誕生することとなった。厳しい時代に秋田犬の血統を絶やさないための努力ではあったが、秋田犬の純化という側面では大きく後退した感は否めなかった。
このシェパード顔の秋田犬はアメリカ占領軍の関係者に好まれ、多くがアメリカに渡っている。そのまま定着し、「アメリカン・アキタ(別名/グレート・ジャパニーズ・ドッグ)」として現在も愛されている。
再び“純血”の秋田犬を目指して
戦後、わずかに生き残った純血種の個体を土台にして、保存会が中心となって本来の純血種に近づける努力が続けられた。歴史に翻弄され続けてきた秋田犬は、この取り組みによってようやく本来に近い姿を取り戻した。ジャーマン・シェパード・ドッグと交配された犬は、ほぼ排除された。
現在では、秋田犬は全国的に飼育されるようになり、世界中で暮らしている。秋田犬保存会では、毎年、展覧会を開催。昭和52年(1977)には秋田犬保存会創立50年を記念し「秋田犬会館」が建設された。
平成30年(2018)4月には、公益社団法人 秋田犬保存会公認、「秋田犬」の未来を支える『ONE FOR AKITA(ワンフォーアキタ)プロジェクト』がスタート。世界中に「AKITA」の愛称で広まり注目されながらも、「犬籍登録数減少」「殺処分増加」「ブリーダーの後継者不足」「血統の劣化」などの問題を抱え、飼育頭数が現象する現状にある「秋田犬」を守り、未来へと残す新たな活動が始まる。
世界の著名人に愛される秋田犬
現在、世界中の著名人が秋田犬を愛し、共に暮らしている。その第一号といえるのは、“奇跡の人”ヘレン・ケラー(1880〜1968)だ。親日家のヘレン・ケラーは、太平洋戦争が始まる前の昭和12年(1937)に来日し、秋田を訪れ、秋田犬との対面を望んだ。愛犬家の彼女はアメリカで伝えられた「ハチ」の話に感動し、秋田犬を所望し、一頭の秋田犬が寄贈された。彼女はアメリカで秋田犬を飼った最初の人となった。こののち昭和23年(1948)に秋田を再訪したヘレン・ケラーのニュースが広がり、秋田犬のブームが訪れた。ヘレン・ケラーは秋田犬について「ほかの犬には、絶対同じだけの優しさを感じることはない」という愛と信頼にあふれた言葉を残している。
近年でも、秋田県から秋田犬「ゆめ」を寄贈されたロシアのプーチン大統領や秋田犬を熱望したが叶わなかったキャロライン・ケネディ元駐日アメリカ大使、平成の大横綱・白鵬などの秋田犬愛は有名な話だ。映画「HACHI」に主演したリチャード・ギアは、秋田犬を「高潔な日本の犬」「孤高の犬」とたたえている。
秋田犬保存会は国内の支部のほかに、北米・台湾・ヨーロッパ・北京・ロシアなどに海外クラブを持っている。
外部リンク
秋田犬保存会
ONE FOR AKITAプロジェクト
秋田犬(あきたいぬ)
[画像]秋田犬
英語名
Akita,Akita Inu
Japanese Akita
別称
秋田(あきた)
原産国(原産地)
日本 秋田犬